アコムの分断取引とは?そしてその判例は?

2014年7月3日 by satoshi | コメントは受け付けていません。 | Filed in アコム

過払い金請求をするとき、それは引き直し計算をしなくてはなりません。
余分に支払っていた分の利息を計算することを言います。
この時、一つの契約について一つの引き直し計算が行われます。
アコムに申し込みをするとき、限度額が決められ契約をしたとおもいます。
この契約は基本契約というものであり、お金の取引のたびに必要な契約ではなく、最初に基本的な契約として締結しているもので限度額を決めその範囲内であれば自由に借り入れをしてもいいという契約になります。
最初に契約をし、その金額を完済してからその後またアコムで借り入れをする。
この時に方法としては2種類あります。
改めて契約書を取り交わす方法と、そのままのキャッシングカードで引き続き利用する方法となります。
改めて契約書を取り交わした場合、契約を2度行ったことになりますのでこれが取引の分断となります。
取引の分断の時にはそれぞれに引き直し計算をしなくてはなりません。
取引ごとに引き直し計算をする必要があるということです。
契約は最初のままつまり一度だけの契約で完済後も取引を再度行った場合には一度の引き直し研鑽でよいこととなります。
しかし最高裁では基本契約が複数あったとしても実質上一連の取引であると判断された場合には1度の引き直し計算でよいとしています。
これが一連計算というものです。
しかし判断は難しいことでもあり判例も多いものではありません。
ケースによって違いがある、そう考えたほうがよいでしょう。

Tags:

銀行のカードローンを比較すると金利は低いとは限らない

2014年6月13日 by satoshi | コメントは受け付けていません。 | Filed in 消費者金融

即日の可能性がある銀行カードローンは比較してみても多いものではありません。
現段階では三菱東京UFJ銀行が近くにある方にはテレビ窓口での申し込みが可能性がある、という条件付きでの即日キャッシング方法となっています。

銀行の金利は低金利と言われており、即日キャッシングをしているときでも一番に検討しておきたいところだと思います。
金利が低ければ利息に影響する金額に差が出てきますので、借入時には金利が低いことを希望するのは当然のことです。
しかし、そのキャッシングの金利が低いことが重要なのではなく、自分が借り入れる金額に対して適用される金利が低いことが重要になるのです。

カードローン借り換え ランキングで比較してみると銀行の金利は大きく違いがあります。
即日キャッシングの可能性がある三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでは金利が4.6%~14.6%となっています。
これは銀行の金利として標準的な金利です。
ところが消費者金融と変わらない金利の銀行も少なくはありませんので銀行ということだけに注目するのではなく比較することは忘れてはなりません。
ジャパンネット銀行や新生銀行カードローンのレイクは消費者金融と変わらない金利となっています。
レイクもまた消費者金融としての時代ながかったこともあり現在でも多くの自動契約機を設置し、即日キャッシングの可能性は高くなっています。
ただし消費者金融となんら変わりの無い金利形態となっていますので、無利息期間を利用する以外には銀行として選択するメリットは少ないかもしれません。

キャッシング商品は年率表示が多い

2014年6月10日 by satoshi | コメントは受け付けていません。 | Filed in キャッシング

消費者金融が取り扱うキャッシングやローン商品、銀行のカードローンなどを安心のために一枚カードを作っておくという人も増えています。消費者金融の金利が下がったというのがその理由のひとつにもなっています。

こういったローン商品の金利は、年率で表記されていることが多いですね。年利18%、実質年率17.8%などといった表記が見られますが、実際に利息をどのように計算するのか知らないまま申し込んでしまっていないでしょうか。

利息の計算方法は、借り入れている残高×金利÷365日×借り入れていた日数です。キャッシング商品では1日ごとに利息がかかっていくということになりますので、早く返済すればするほどお得ということになるのです。

現在のキャッシング商品などの利息は、法律で上限が定められています。しかし、違法業者であればその規制を守ることは少ないでしょう。年率でなく月率で表記しきちんと読まずに金利が低い、と申し込んできた人をだますような犯罪も起こっています。

キャッシング商品のスペックは、概ね年率で表記されていると思っていてもそう間違いではないのですが、その思い込みでだまされてしまうことがないように、申し込み前にはどのような業者なのかしっかりと確認しておきましょう。

今は落ち着いていますから、まさかそんなことではだまされないよ、と思うかもしれませんが、お金を借りたいというあの独特の焦燥感があるときには、思わぬ失敗をしてしまうことがあります。

参照先:http://canadabusrentals.net/

学生でもオリックス銀行カードローンは利用可能?

2014年5月4日 by satoshi | コメントは受け付けていません。 | Filed in ローン

審査が厳しくてハードルが高いという印象の強い銀行カードローンですが、最近では即日融資可能であったり審査も消費者金融と比べてもそこまで厳しいわけではないところもけっこうあり、また総量規制対象外ということでますます人気を集めています。銀行のカードローンを学生が借りるというのもあんまり考えられないイメージでしたが、学生でも10万円までなら融資可能など、学生に対する融資をしている銀行カードローンもそう少なくはない状況です。

では、業界最低水準の金利で人気が大変高いカードローン、オリックス銀行カードローンの場合にはどうでしょうか。オリックス銀行カードローンは学生でも申し込み可能なカードローンなのでしょうか。

オリックス銀行カードローンの公式サイトに商品内容についての記載がありますが、利用できる方の条件として、『年収200万円以上で、申し込み時の年齢が満20歳以上65歳以下の方』というようにはっきりと明記されています。つまり、どういうことかというと、年収200万円以上でなければオリックス銀行カードローンは利用できないカードローンというわけですから、学生やパートの方ですと年収的にオリックス銀行カードローンは利用できない、ということです。

オリックス銀行カードローンはこのように、ある一定以上の収入がある方でなければ利用できないカードローンです。しかし、その条件を満たしている方にとっては金利も限度額も大変条件の良いカードローンといえます。学生のうちは収入的に利用できませんが、今後就職後など、お金が必要になったら検討してみる価値あるカードローンですよ。

参考サイト=オリックス銀行カードローンにした決め手は口コミ!

中堅キャッシング会社の取り立て

2014年1月7日 by satoshi | コメントは受け付けていません。 | Filed in お金

キャッシング会社といっても、その規模によって取り立ての傾向に多少違いがあるといいますが、中堅〜小規模のキャッシング会社の場合には取り立てはどのように行われ、どういう傾向があるのでしょうか。

中堅・小規模のキャッシング会社の場合には、大手キャッシング会社と比較すると取り立てに対してのスピード感が早く、より「取り立て」感のある取り立てになります。大手が紳士的で機械的な取り立てだったとすると、中堅・小規模の場合にはマニュアル感がなく、若干情熱的です。キャッシング会社は、規模が小さなところほどリスクの高い貸付けをしている顧客が多いものですから、資金の回収も必死さが違います。

例えば中堅キャッシング会社の場合の電話ですが、入金が遅れると本人と連絡がつくまでは一日に2〜3回は電話がかかってきます。そのまま電話を無視していると、自宅への直接訪問、職場への電話と取り立てがエスカレートするスピードが速いです。また小規模キャッシング会社だと、もっとスピーディな取り立てになっていて、一度でも電話がつながらないとすぐに自宅や会社への直接訪問へとなったりするところもあります。

このように、中堅・小規模キャッシング会社でお金を借りる場合には、取り立て行為が厳しくなる傾向がありますから、契約の際にはこうしたことも十分考慮して借りることを考えなくてはなりません。連絡がつかない顧客に対してはさらに取り立て行為がエスカレートする可能性がありますから、とにかく支払いができないとしても、連絡だけはしっかりととるようにしましょう。

返済に不安がある場合、カードの借入は計画的に

2013年5月30日 by satoshi | コメントは受け付けていません。 | Filed in お金

アコムなどで借入出来るカードを作ろうかと思った時に ふと、自分は給与が低いので、使うのは良いけれども返済が不安、と思ってしまう場合もあるかと思います。その他にも返済に対して不安を抱く要素はいくらでもあると思いますが、誰でも不安な一面を持っていてもおかしくありません。ではその人達が全て返済がしっかり出来ないかと言えば、そんなことはありません。

そんなことでは、周り中、破産者だらけになってしまいます。でも実際に金欠だ~!としょっちゅう言っている人で借入してても、現実には返済もしっかり出来ていますし、何だかんだ言ってても上手に使っています。とは言っても最初から不安がある人が居ても、お金の問題ですから、当然と言えば当然なことでしょう。

別に不安にさせるつもりはありませんが、確かに、カードで借入している全ての人が完璧に返済出来ているとは言い切れません。実際に返済不能になってしまっている人も居ますから。でも逆に言うと他の人もそうなるかと言えば、そうではありません。必要なのはちょっとした計画的な面です、これを持って使っていれば特に問題は無いでしょう。

不安はどうしてもあるけれども、絶対に借入したいと思って悩んでいる人は、大体毎月いくらぐらいの借入金で、自分の給与から月々返済出来るのかを少し計算して、後はそれに見合った計画的な使い方をすれば、カードの借入は怖いものではありません。要は管理して、返済分が確保出来れば特に問題はないと思います。不安になり過ぎて使わないというのも勿体ない話なので、柔軟に検討してみて下さい。